アーモンドトースト物語Almondtoast Story

あなたも作ってみませんか

あなたも作ってみませんか

ひと言でアーモンドトーストといっても味は作り手によって様々です。マーガリンにも有塩、無塩があります。アーモンドの量や砂糖の量によって香ばしさや、甘さが違ってきます。混ぜるときに空気を入れる量によっても風味がとても変わってきます。

色々なお店で食べ比べをしていただくと同じ商品でもその違いを楽しんでいただけます。また、ご自分でも1度作ってみてください。手作りのいいところは何と言っても自分好みの味を作ることができるところにあります。アーモンドの粒を多めにしてカリッとした食感を楽しんだり、お子様向けに甘みを増やしたり減らしたり、お好みでアレンジできます。作り方はとても簡単ですのでぜひチャレンジしてみてください。

実は、当社がお得意先様にお使いいただいている粒状(ダイス)のアーモンドには秘密があります。食べたときのカリッとした食感と、焼きあがった際の見た目を考えて粒の大きさの異なる2種類のアーモンドをブレンドしているのです。大きすぎても小さすぎても得ることのできない食感とおいしさを出すために幾度の改良を経て現在の商品になりました。
当社のオリジナルアーモンドと他のアーモンドを食べ比べていただければひと味もふた味も違った味わいを感じていただけると自負しています。

マーガリンはN&Cのマーガリンをご使用ください。徹底的においしさにこだわった、市販商品にはない風味を持っています。おいしいアーモンドトーストづくりには欠かせない一品です。日々の生活に小さなよろこびをプラスしてください。

長い歴史の中でアーモンドトーストを作る為に使用する材料をアーモンドバターという名称(通称)で広がっていきました。しかし、原料として使用されているのは、一般的にはマーガリンです。表示の問題などはあるかと思いますが、歴史の中で生まれた造語としてご了承ください。