私たちが追い求めているのは“世界一おいしいコーヒー”です。

成田珈琲オンラインストア

ショッピングカートを見る

会員情報を表示
会員専用メニューを表示します

珈琲のおいしい入れ方

 > 珈琲のおいしい入れ方

コーヒー豆の買い方

コーヒーの味は、原料となる生豆(なままめ)によっても、焙煎の仕方や、その後の取り扱い方によってもちがってきます。よい豆かどうかを見分けるのは難しいですが、次のような点を目安にしてみてください。

●よく売れているお店で買う

よく売れているお店は豆の回転もよく、新しいものを手に入れる事ができます。

●ブランドにこだわらず、評判のいいお店を探す

よく売れているお店は豆の回転もよく、新しいものを手に入れる事ができます。

銘柄について

コーヒー豆には産地の名前がつけられています。例えば、グァテマラやコロンビアは産出国の名前、ブルーマウンテンなどは採れた地域の名前、サントスやモカは出荷された港の名前がその由来となっています。
豆はそれぞれ独特の風味をもっていますが、その個性を十分に引き出せるかどうかは焙煎技術にかかっています。
また、個性の違う豆同士をブレンドすることで調和のとれた深みのあるおいしさになります。ですから最初から銘柄を決めてしまわず、ぜひいろいろ飲み比べて自分の好みの味を見つけてください。

風味を決める焙煎

美味しくいれるコツ(※ペッパードリップの場合)

最も手軽、しかも失敗の少ない入れ方です。

用意するもの

●サーバー

… 透明の耐熱ガラスのものが便利

●ドリッパー

… 1つ穴と3つ穴があり、少し形状が違う

●ペーパーフィルター

… ドリッパーの形状に合うものを選んで

そのほか、細口ポット、温度計、保温プレートなど

入れ方

  1. 湯をたっぷり沸かします。
  2. 器具はすべてきれいに洗って熱湯で温めておきます。
  3. ペーパーフィルターは軽く微粉をはたいてから折りしろを前後に(山折りと谷折りに)折って、ドリッパーに密着させてセットします。

  4. ペーパーにお湯をかけてペーパーの匂いを落とします。その時サーバーは下におかずお湯は別の容器で取ります。
    せっかく落としたペーパーのにおいがサーバーに移ってはコーヒーの風味がだいなしです。

  5. コーヒーミルで豆を「中細挽き」または「中挽き」にします。挽きたてを人数分だけきちんと計ってフィルターに入れましょう。

  6. やかんの湯を温めた細口ポットに移して適温に冷まします。
  7. 少量の湯を粉の中央にそっとのせるような気持ちで注ぐと、粉がふっくらと盛りあがります。湯を入れすぎないように注意しましょう。サーバーにコーヒーがポタポタとしたたり落ちるぐらいが目安です。

  8. そのまま20秒から1分ぐらい蒸らしたら、細口ポットの注ぎ口をできるだけ近づけ、円を描くような気持ちで静かに湯を注ぎます。真ん中からスタートして徐々に円を大きくし、フィルターに近づいたら再び円を小さくして、ドリッパーの中の湯が落ちきらない状態を保ちます。

  9. 中から外へお湯がコーヒーをくぐり抜けているのが見えれば GOOD、くれぐれも直接ペーパーにお湯をかけないように注意して下さい。
  10. サーバーの目盛りを見て、適量までコーヒーが入ったらドリッパーを はずします。ドリッパーに泡が残った状態ではずすのがポイントです。 (泡の部分には渋みや雑味が含まれているのでこれがコーヒー液に流れ 込まないように注意します)。

  11. あたため直す場合は強火で一気に、でも沸騰はさせないように。弱火で時間をかけると風味がかわります。強火でさっとがおいしいです。